犬が口に入れたら危険な食べ物や物について正しい知識を持っておきましょう

Qoo
私たちのまわりには、犬が口に入れると危険な食材や物が多数存在します。犬か危険な食材を口にしないように、注意してあげましょう。
少量なら問題なくても、大量に摂取すると影響が出る場合もあります。犬の好物だからといって、たくさんあげるなどの行為も注意が必要です。

体内に入ると手術をして取り出さなければならなくなる場合があるもの

手術でとらなければならない

手術が必要になる場合があり危険です。
これらのものを飲み込んでしまった場合、体外に排出することが出来ずに腸を詰まらせて「腸閉塞」を起こしたり、内臓に刺さるなどをして傷を付けてしまう恐れがあります。
また、糸を飲み込んでしまった場合には糸が腸に絡んで腸を切ってしまうこともあります。
犬が異物を飲み込んだ場合には、すぐに動物病院に連れて行き処置をしてもらいましょう。

食べ過ぎると犬の体に良くないもの

身体によくないもの

犬が食べると中毒を起こす恐れのあるもの

中毒を起こすもの

犬が飲み込んだら、すぐに動物病院へ
犬が異物を飲み込んでしまったら、すぐに動物病院へ連れて行って処置をしてもらいましょう。
飲み込んだ時間や量、大きさ、実物があれば実物、成分表など処置判断の助けとなるものも持っていきましょう。
どのように対処すべきかすぐに判断でき、適切な処置を行うことが出来ます。